知財学習帳

知財について学んだこと

日産、特許権侵害として米国で訴えられる

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

WIPR(World Intellectual Property Review)によると、2016年12月23日、米国の特許権US5877677を侵害するとして、自動車メーカーの日産を相手に米国で訴訟が提起されたということです。原告は個人発明家のようです。


発明は、エアバッグに関するもので、搭乗者が所定の体重以下の場合にはエアバッグが作動しないようにシートに重量センサを設けたものです。子どもがエアバッグによって怪我を負わないようにすることを目的としています。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

www.worldipreview.com

弁理士選択試験免除に「支援士試験」を追加する規則改正

弁理士法施行規則の改正が特許庁から発表されました。

弁理士試験の論文式筆記試験(選択 科目)の免除対象試験に情報セキュリティスペシャリスト試験の後継の「支援士試験」を追加する改正です。平成29年1月1日から施行されます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

弁理士法施行規則の一部を改正する省令(平成28年12月28日経済産業省令第112号) | 経済産業省 特許庁

併せてこちらもご参照下さい。

弁理士法施行規則第6条第3号及び第9号の経済産業大臣が認める者を定める告示(弁理士法施行規則第6条第3号及び第7号の経済産業大臣が認める者を定める告示の一部改正)について | 経済産業省 特許庁

PDFのタイトルに商標法施行規則とありますが、誤記と思います。

マドリッド制度125周年

WIPOのWEBサイトに125周年を迎えたマドリッド制度の業績が掲載されています。

http://www.wipo.int/madrid/ja/news/2016/news_0027.html

これによると、マドリッド同盟総会は、10月にマドリッド協定14条(1)と(2)(a)の適用の停止を決めたということです。

これにより、新たな加盟国は協定のみに加盟するということはできなくなり、新たな加盟国はマドリッド議定書(または議定書と協定の両方)に加盟することを求められることになりました。

マドリッド協定とマドリッド議定書(マドリッド協定議定書)の違いはこちらをご覧ください。

標章の国際登録に関するマドリッド協定の議定書 - Wikipedia