知財学習帳

知財について学んだこと

EPCにおいて同一カテゴリの複数クレームが許される場合

以下の場合には同一のカテゴリ(製品,方法,装置又は用途)の複数クレームが許される。

(a) 相互に関連する複数の製品(例えば、送信機と受信機、プラグとソケット)

(b) 製品又は装置の異なる用途(例えば、毛髪の美容の用途と育毛の用途)
(c) 特定の課題についての代替的解決法。ただし,これらの代替的解決法を単一のクレームに包含させることが適切でない場合に限る。(例えば、化学化合物のグループ)